第一印象が大切!一目で視線を奪う構図の決め方とは?

主役が引き立つ構図は?視線誘導を使いこなそう

主役を引き立てたいが、どうしても上手くいかない。風景やモブの人々と比較してもそこまで目立っていない。イラストを描くときにそんな悩みが出てきた場合、視線誘導を使いこなしてみると良いでしょう。では、視線誘導とは何なのかといえば、その言葉の通り、人がイラストなどを見た時に視線を誘導する方法です。たとえば、大きいものから小さいものを順に並べておいて、人の視線は大きいものから順に見ていくという習性を利用して、最も注目させたいものをわざと小さく描くといった方法などがあります。他にも放物線を描いたり、細長い剣といった、導線のようなものを描いてみるのもいいでしょう。人は線を追いかけるといった習性もあるので、これもまた注目を集めるのには適している構図と言えるでしょう。

その他にもある!注目を集めるための構図や方法

実はそれだけではなく、他にも視線誘導につける構図やテクニックはあります。たとえば放射構図では、空間の広がりや遠近感を見せるのに使えるだけではなく、消失点へと目を向けさせるのにも役立ちます。また、パースも弄りやすいというのもイラストを描くうえで使いやすい点であるといえるでしょう。S字構図では、曲線の動きで絵に躍動感を与えるだけではなく、導線の役割も果たすため、自然と視線がS字終わりの方向へと目を向けられるというのもメリットですし、使えるテクニックです。人の視線を奪うための構図というのは、数多くある分だけ、活かすのにはセンスや知識も問われます。そのためにも一工夫として、わざと空いている空間を作って目立ちやすくする、他のモブの全形を移さずに、目立たせたい人だけを全部描くといったテクニックを合わせ技として使うのも良いでしょう!

© Copyright Drawing & Illustration Papers. All Rights Reserved.